« 八方会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

喬太郎のラクゴ新世界

2010/5/23 @電気文化会館 イベントホール

  • 柳家喬太郎 「猫久」
  • 柳家喬太郎 「紙入れ」
    ―― 中入り ――
  • 柳家喬太郎 「路地裏の伝説」(作:柳家喬太郎)

※ scene 13


 フラットなイベント会場に 200 人ほど入れて満員札止め。大阪でお見かけする顔もちらほら。(他人のことは云えない)

 1 席目はマクラいろいろ。口蹄疫、シーシェパード、中華料理、蚊の目玉のスープ、動物のことわざ、ネコと転がって「猫久」へ。実は男の方が噂話好き?と思わせる、喬太郎のたたみ掛けるような語り口。「久六とはそちの朋友か?」「あなたのために?」「‥‥それは for you じゃ!」と、喬太郎らしいクスグリ。ところで、刀を持ち出すまでに怒り狂った猫の久六はいずこへ?

 そのまま 2 席目へ。浮気、不倫の話から、間男小咄 2 題をマクラに「紙入れ」を。こちらはひとりしか出てこない女、出入り先の女房のしたたかさが際立つ。

 中入りを挟んでの 3 席目は、直前の長崎の料亭での仕事の話、その帰りの飛行機で出会った赤ん坊連れの若い母親の話をたっぷりしゃべってから「路地裏の伝説」へ。同窓会で思い出された子どもの頃の都市伝説の噺で、ちょっとしたスリラー。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」な展開だが、そこにいたる過程の、旧友のやり取りがたのしい。


 次回は 9 月 5 日(日)に特別編『さん喬・喬太郎 親子会』。

|

« 八方会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48441176

この記事へのトラックバック一覧です: 喬太郎のラクゴ新世界:

« 八方会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »