« 喬太郎のラクゴ新世界 | トップページ | 千朝落語を聴く会 »

南湖だんご 旭堂南湖話術研究会

2010/5/28 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

【50 回記念特別興行 希望の光】

  • 旭堂南斗 『難波戦記』より「三方ヶ原の物見」
  • 旭堂南湖 『源平盛衰記』より「那須余一」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南湖 「無筆の出世」

※ 50


 50 回記念に 2 夜連続の特別興行。今回は 大阪文化祭 参加公演で、パンフレットがいつもより力の入った文章。
 初日は観客約 20 人に加えて審査員約 10 名の入り。

 南斗はマクラを振らず「三方ヶ原の戦い」を。修羅場読みが読経のよう。

 南湖の 1 席目は、慇懃な挨拶からお遍路の話を軽く振って、そのお遍路の地が舞台となる「那須余一」を。丁寧な語り口で、それでいて淡々とならず。クスグリは控え目。
 中入りを挟んでの 2 席目は、昔の講釈師が旅興行をした話から愛媛の話題へとマクラをつないで「無筆の出世」を。こちらもギュッと絞り込んだ構成。

 約 70 分と、コンパクトな公演に。


正直南湖

|

« 喬太郎のラクゴ新世界 | トップページ | 千朝落語を聴く会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48481700

この記事へのトラックバック一覧です: 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会:

« 喬太郎のラクゴ新世界 | トップページ | 千朝落語を聴く会 »