« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

笑福亭たまの脱構築落語会

2010/6/27 @ワッハホール

  • 桂さん都 「代脈」
  • 笑福亭たま 「僕と彼女と教頭先生」(作:笑福亭たま)
    ―― 長崎さわぎ ――
  • 笑福亭たま 「船弁慶」
    ―― 中入り ――
  • 柳家三三 「釜泥」
  • 笑福亭たま 「手術室(仮)」(作:笑福亭たま)
  • 笑福亭たま 「軒付け」


 ゲストの効果か、会場の 3 分の 2 ほどが埋まった感じに。たま主催のワッハホールの会では一番の大入り。

 さん都が登場するなり客席で防犯ブザーがけたたましく鳴り出すと云う、いきなりのハプニング。マクラで師匠の都丸が塩鯛を襲名すると同時に一門も名前が変わる話。兄弟子の都んぼが継ぐ米紫は先代の塩鯛の前名で、ゆくゆくは都んぼが塩鯛を継ぐことになるかもしれない。だが、さん都が継ぐ鯛蔵の先代は後に祈祷師になったそうな。
 「代脈」は、若先生のキャラがさん都のニンに合っててなかなか。

 たまの 1 席目は、マクラで「さん都のエピソードが『すべらない話』でおもしろい」と振ってから、さん都を呼び出して話させる。落語はできたてでおそらく口演 2 回目の「僕と彼女と教頭先生」。女子高生と教師との恋愛噺で、エロス&バイオレンスな展開。とくにバイオレンスな場面がキツく、笑いに転化するには大胆な改訂が必要かも。

 たまの 2 席目は、楽屋話をマクラに「船弁慶」を。こちらはたま版でかなり固まっているが、それだけに流したような印象。それでも雷のお松の勢いはすさまじく、終盤のたたみ掛けは圧巻。

 中入りを挟んで、ゲストの三三。ゆるゆるとしたマクラで客席を自分の空気に変えてから「釜泥」を。ネタは寄席サイズでまとまってるだけに安定感抜群。

 たまの 3 席目は、できたてで短い新作と、まとめきれなかった「軒付け」を。
 まずはできたての新作で、「外科医と妻と患者」な噺。「鷺とり」の「これがホンマのサギやがなぁ~」レベルのオチあり。その後の展開も検討中だそう。
 つづけて「軒付け」を。師匠の福笑のギャグをすべて取り去って自分で新たに考え直したが、当日までに間に合わなかったとのこと。


 ワッハホールでの会にしては勉強会的な色合いが濃く、もともと《初心者でもたのしめる会》と設定していたことを考えるとたまの高座は消化不良な印象。新作派と云う印象が強いので新作を入れるのは問題ないだろうが、三三目当ての観客にアピールできるよう、新作も古典もある程度手堅いネタを持ってくるべきだったかも。


らくごの玉手箱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7 時だョ! 8 人集合

2010/4/17 @桜川三丁目劇場

  • 《オープニング》
  • 《トークコーナー》
  • 《桂まめだ芸歴 10 周年特別企画 まめだぬき七変化》
    • まめだ・さろめ 《対談》
    • まめだ・三四郎 《コント》
    • まめだ・ぽんぽ娘 《歌謡ショー》
    • まめだ・団姫・三四郎(司会) 《絵心対決》
    • まめだ 《幕ノ内土俵入り》
  • 桂三四郎 「就職面接(仮)」(作:セブンエイト)
  • 《エンディング》

※ 第 9 回


 雨のなか、開場が遅れる。入りは 30 人ほどで定着した感あり。

 今回の参加者は桂まめだ、桂三四郎、露の団姫、桂ぽんぽ娘。あまりに少ないと云うことでか、桂さろめが今回より正式メンバーとして加入し、参加することに。

 オープニング後のトークコーナーは、女子大生がセブンエイトのメンバーに付けたあだ名を見てあれこれ。

 つづいて今回の目玉コーナー、桂まめだを全面にフィーチャーした企画。全体的にはグダグダだったが、さろめがインタビュアーに扮した対談コーナーが秀逸。まめだが金だらい落下を何度も受けると云う古典的手法で笑いを増幅。
 歌謡ショーは、まめだが“夢芝居”、“勝手にシンドバッド”、“なにわ恋しぐれ”、つなぎにぽんぽ娘が“青い果実”、“会いたかった”。

 三四郎の新作は、若手社員が就職面接の面接官に選ばれ、風変わりな応募者の面接をおこなう噺。ネタ的にはありがちな設定・展開で小粒な印象だが、三四郎のニンに合ったキャラが出てきてなかなかおもしろい。

 企画がグダグダなところも含めて、


セブンエイト 7 時だョ! 8 人集合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千朝落語を聴く会

2010/6/26 @太融寺本坊

  • 桂吉坊 「馬の田楽」
  • 桂千朝 「蛸芝居」
  • 笑福亭三喬 「欲の熊鷹」
  • 桂千朝 「花筏」

※ 第 59 回


 悪天候のなか、それでも 150 人ほどの大入り。

 吉坊は学校公演でのエピソードから、子どもの出てくる「馬の田楽」を。さすがに子どもはニンに合っているが、鼻づまりのような子ども表現がやや気になる。後半、馬方が馬を探すくだりはテンポ良く軽快。

 三喬は「欲の熊鷹」がことわざ「欲の熊鷹 股裂くる」に由来することから、マクラでことわざにまつわる面白エピソードを。落語の「欲の熊鷹」の方は、どちらかと云うと「三方一両損」みたいな展開。人物像をふくらませて笑いに。

 千朝の 1 席目の「蛸芝居」は、きっちり丁寧。赤ん坊も丁寧に扱うよう改訂。
 2 席目の「花筏」は、笑い所は少ないが、こちらも丁寧に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雀太ひとり舞台

2010/6/24 @割烹旅館 亀屋

  • 笑福亭飛梅 「道具屋」
  • 桂雀太 「まんじゅうこわい」
    ―― 中入り ――
  • 桂雀太 「つぼ算」


 入りは 40 人くらい。ゆったり。

 初めて観る飛梅は、一所懸命マクラを振るも、こちらへ緊張感が伝わりまくりで笑いが起こらない。これならスッとネタに入った方が得策。
 「道具屋」は、ネタはきっちり入ってるものの、訛りが気になる。

 雀太の 1 席目は、とりとめのない話で客席の雰囲気をうかがいつつ、まずは「まんじゅうこわい」を。怪談のくだりも入ってたっぷり。枝雀・雀三郎の系譜を感じさせる、メリハリの効いた心地良い口跡。

 中入りを挟んで雀太の 2 席目は“野崎”で登場。出てきたところで観客にうやうやしく一礼する洒落っ気。わらび餅売りの極意を紹介してから、買い方の極意の噺で「つぼ算」を。瀬戸物屋の番頭の困り具合がたのしい。

 たっぷりの 2 席で満足度高し。


桂雀太のネットでじゃくったれ
亀屋寄席
割烹旅館 亀屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方会

2010/6/22 @八聖亭

  • 月亭八方 《ごあいさつ》
  • 桂楽珍 「花筏」
  • 月亭八方 「崇徳院」


 いつもよりやや少なめの 30 人ちょい。

 八方の前説は、上方落語協会の会長選挙、日本相撲協会の賭博問題、等々。

 楽珍はやや緊張気味。出身地の徳之島に土地を持っていて、普天間移設の騒動で 2 万円台だった地価が 4 億円にまで高騰したが、日米共同声明後に元の 2 万円台に下落したそう。相撲の話では、息子が力士だった頃に朝青龍と飲んだ話や、デビュー戦を観に行った話など。
 もともと「らくだ」を演るつもりだったそうだが、相撲の話題が出たところで「花筏」を。急遽変更したためか、全体にギクシャクした印象。

 八方は「崇徳院」を。八方では初めて。緻密さは不足気味ながら、八方ならではの口跡の良さで、心地良い噺運び。


八聖亭ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽の会 亀屋寄席 喬太郎ひとり会

2010/6/20 @割烹旅館 亀屋

  • 柳家喬太郎 「初音の鼓」
  • 柳家喬太郎 「寿司屋水滸伝」(作:柳家喬太郎)
    ―― 中入り ――
  • 柳家喬太郎 「死神」

※ 第 33 回/夜の部


 昼夜完売とのことで、約 100 人で満員の大入り。この会に東京の噺家が出演するのは今回の喬太郎が初めてとのこと。

 1 席目はマクラたっぷり。大師匠の柳家小さんが留守番電話に残したメッセージ入りのカセットテープをお宝として保存してるって話から「初音の鼓」を。狐に取り憑かれた様子がグッド。

 2 席目は居酒屋でバイトをしていた話から「寿司屋水滸伝」へ。職人のいなくなった寿司屋での騒動。コンパクトな寄席寸法に笑いを凝縮。

 中入りを挟んでの 3 席目は「死神」をたっぷりと。

 大満足の 2 時間。


亀屋寄席
割烹旅館 亀屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深脳落語会 NIGHT HEAD

2010/6/19 @天満天神繁昌亭

  • 桂さん都 「半分垢」
  • 笑福亭たま 「口入屋」
  • 桂しん吉 「若旦那と、わいらと、エクスプレス」(作:桂しん吉)
  • 笑福亭たま 「僕と彼女と教頭先生」(作:笑福亭たま)


 ザッと 60 人くらいの入り。レイトショーならこんなもんかも。

 さん都はマクラで名前が鯛蔵に変わる話。先代の鯛蔵は祈祷師になったそう。かなり繰れてる感じ。
 「半分垢」は帰郷した関取の見物人が 3 人登場する、やや冗長な構成。こちらはまだあまり繰れてない感じ。

 しん吉は鉄道物まねをマクラに、たまからのリクエストで自作の「若旦那と、わいらと、エクスプレス」。若旦那がトワイライトエクスプレスの切符を親旦那の知人宅へ届ける噺。鉄道マニアック情報がふんだんに盛り込まれてて、わからなくてもなかなかおもしろい。

 たまの 1 席目は「口入屋」。オープニングの口入屋での場面をバッサリ切り、女子衆が奉公先を訪れるところから。笑いにならないプロットが細かくカットされて、笑いは凝縮されるが、やや表層的な雰囲気に。
 2 席目はマクラ代わりに新作ショート落語をいくつか。ダジャレ多し。「僕と彼女と教頭先生」は、女子高生と教師の恋愛噺。バイオレンス&エロスな展開。痛々しくて笑えない場面も。


らくごの玉手箱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会

2010/6/19 @TORII HALL

  • 旭堂南青 『関ヶ原合戦記』より「荒大名の茶の湯」
  • 柳家喬太郎 「夜の慣用句」(作:柳家喬太郎)
  • 柳亭市馬 「厩火事」
    ―― 中入り ――
  • 柳亭市馬 「二人旅」
  • 柳家喬太郎 「井戸の茶碗」

※ 第 10 回


 前売り完売の大入り。

 南青は笑い所の多い「荒大名の茶の湯」を。出てくる大名の色付けが明確で、よりわかりやすくておもしろい。

 喬太郎の 1 席目は、現代の酔っ払いあれこれをマクラに「夜の慣用句」を。座右の銘が好きな嫌われ上司との飲み会の噺。ふかふかソファの所作がたのしい。下ネタを後悔しつつ「来年から『市馬・三三 二人会』だな」。

 市馬の 1 席目は、喬太郎の高座を「ただいまはお見苦しいものを‥‥」と詫びてから、師匠の柳家小さんの思い出から夫婦喧嘩の話へと話題をつないで「厩火事」へ。市馬ならではのやわらかさ。途中で「座右の銘」を織り込むサービス。

 中入りを挟んでの市馬の 2 席目は、小さんと笑福亭松鶴とのエピソードをマクラに、上方旅館の話から旅の話へと話題をつないで「二人旅」を。男二人の気ままな旅の風情に、のんびり。

 喬太郎の 2 席目は「井戸の茶碗」。屑屋の清兵衛の「自分の欲望に正直なんです」が秀逸。喬太郎ならではの味付けが随所に見られ、笑い増量。井戸の茶碗が出てくると「茶碗が大事か、私が大事か‥‥」「諸大名を集めて茶会を‥‥」と織り込むサービス。


 次回は来年 1 月 29 日(土)。喬太郎は呼ばれるか!?!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂あさ吉独演会

2010/6/18 @天満天神繁昌亭

  • 桂福丸 「転失気」
  • 桂あさ吉 「鷺とり」
  • 桂阿か枝 「延陽伯」
  • 豊来家玉之助・大治朗 《獅子舞》
    ―― 中入り ――
  • 桂あさ吉 「地獄八景亡者戯」


 2 階席状況は未チェックながら、1 階席はほぼ満席。

 あさ吉は 1 席目のマクラから「地獄八景亡者戯」の話。「『地獄』を得意ネタにしてたのは師匠の吉朝くらい」「吉朝は普通の落語会で普通に演ってた」「長いネタで、吉朝は 90 分くらい平気で演ってた。いっそ 15 分くらいにまとめようかと思った」等々。
 その「地獄」、吉朝の型をザックリ踏襲しつつ、あさ吉独自のクスグリがそこかしこに。閻魔の庁での一芸披露でも奇をてらった趣向はなく、あっさり味。ただ、とぼけた風味がおかしみに。閻魔大王や人呑鬼は恐さが皆無で、ここらのニンでないキャラの処理が課題か。


あさ吉@ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会

2010/6/17 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 桂こごろう 《ごあいさつ》
  • 笑福亭生喬 「青菜」
  • 桂こごろう 「鴻池の犬」
    ―― 中入り ――
  • 生喬・こごろう 《対談:夕焼け日記》


 約 30 人と、いつもよりちょっと少なめの入り。

 普段着のこごろうが登場し、会によって異なる客層についてあれこれ。しゃべり始めると客席から「ちょっと訊くけど、君はなんでポロシャツやねん?」。至極まっとうな質問。

 生喬は久々にデパートの余興へ行った話をマクラから、唐突なつなぎで「青菜」へ。植木屋の後半の納まり具合とラストの困惑がたのしい。

 こごろうは飼うともなしに飼っている黒ネコの話から「鴻池の犬」を。桂千朝の型で《ワンワン連合》や《ホネ吸い遊び》が特徴的だが、こごろう風味でやわらかい印象に。終盤に途中で客席の電話が鳴るも、なんとか持ちこたえる。

 対談コーナー。
 生喬の「青菜」は初めて出稽古に行ったネタで、師匠の指示でおぼえることになり、笑福亭呂鶴に付けてもらったそう。呂鶴の稽古は「まことに丁寧」だそうで、稽古の話から、笑福亭松葉に稽古を付けてもらった話も。
 こごろうは「鴻池の犬」を付けてもらった千朝について、派手さはないが惹き付けられる良さがあると感心。とくに台詞がはっきりしていることに注目。


 次回は 7 月 15 日(木)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です

2010/6/16 @雲州堂

※ #3


 満員御礼札止。

 まずはホストの笑福亭銀瓶が登場。この日、会場入りする前に映画『告白』を観ようとするもかなわず、代わりに映画『Flowers』を観るにいたった顛末を。最終的には『Flowers』で満足できたそう。笑福亭鶴瓶の息子も出演してるそうで、それに絡めて師弟の話も。

 ゲストは元プロ野球選手、世界の盗塁王・福本豊。まずは現役時代の話いろいろ。盗塁で頭角をあらわすも、後続の選手がいなくて記録を伸ばす意欲が出ず、1980~1982 年の 3 年間はわざと 54 盗塁でそろえたそう。最近のルールや解説業についても。最近は宝塚歌劇にハマってるそうで、年間 80 公演くらい観るそう。
 質問コーナーでは「ヘッドスライディングは禁止すべき」など、真面目な話も。しかし、監督やコーチで球界へ復帰すると云う意思はまったくないそう。曰く「しんどい」。しかも宝塚を観られなくなると云うデメリットも。

 福本の表裏のない人柄の良さが感じられ、トークの内容もおもしろく、行って正解。


 次回は 8 月 31 日(火)。ゲストは元プロテニスプレイヤーの森上亜希子。

笑福亭銀瓶の出演情報
イベントスペース 雲州堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザビエル寄席

2010/6/13 @堺市総合福祉会館・大ホール

【堺!三喬一門会】

  • 笑福亭喬介 「つる」
  • 笑福亭喬若 「禁酒関所」
  • 桂こごろう 「七段目」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭三喬 「月に群雲」(作:小佐田定雄)
  • 笑福亭喬若 「野ざらし」

※ 第 6 回


 キャパ 500 弱程の、大丸心斎橋劇場をひとまわり大きくした感じのホールがほぼ満席。この規模で勉強会だそうな。

 喬介の「つる」は、喜六(的男)がニンに合い過ぎてておもしろい。

 喬若の「禁酒関所」は、丁寧でそつなく口跡も良いが、酔態がもうちょっと。

 こごろうは大阪のおばちゃんの話でつかんでから、めずらしく「七段目」を。桂吉朝の型にこごろう味をふんだんに。

 三喬は出演順の変更を報告。パンフレットにはトリに出演予定だったが、喬若の勉強会と云うことで、トリを交代したとのこと。三喬曰く「美しく云うと師弟愛、悪く云うとイジメ」。
 「月に群雲」は抜群のおもしろさ。

 喬若は師匠のあとのトリと云うことで、恐縮の面持ち。「野ざらし」はトリ前を想定してたためか、ややあっさりめの構成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしもと花形寄席 愛のリレー噺

2010/6/12 @ヨシモト∞ホール OSAKA

  • 《オープニング》
  • 桂三金 「奥野くんのコンパ」(作:桂三金)
  • 月亭遊方 「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」(作:月亭遊方)
  • 桂あやめ 「営業 1 課の高田くん」(作:桂あやめ)
    ―― 中入り ――
  • 遊方→三金→あやめ 「愛のリレー噺」
  • 《エンディング》


 観客はちょっと少なめの 30 人ほど。

 2 年前のクリスマス に口演したリレー落語をメインに、愛の特集。まずは 3 人で今会の趣旨なんかをおしゃべり。

 前半の落語はまったく予想どおりのネタがならぶ。

 後半のリレー落語は、誕生日を前に恋人と別れたい女が、しかし誕生日プレゼントだけはもらおうと、女友達と画策する噺。トップの遊方はややこしい固有名詞を連発。つづく三金はレストランで食べまくり。シメのあやめは悪女っぷり炸裂。それぞれの個性が上手く出て、単なる趣向に終わらないおもしろさ。


よしもと花形寄席 ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリイどっかん BROTHERS

2010/6/10 @TORII HALL

【落語と座談とお遊びと】

  • 《ザツダン その 1》
  • 桂文華 「天狗さし」
  • 《ザツダン その 2》
  • 月亭遊方 「隣人(ネイバーズ)」(作:月亭遊方)
  • 《ザツダン その 3》
  • 笑福亭鶴笑 「時うどん」+「ゴジラ vs モスラ」(作:笑福亭鶴笑)
  • 《ゲームコーナー: 1 位をあてちゃいけまテン!》


 予約が少なかったらしく、40 人くらいの入り。座席もゆったりめの配置。

 落語のマクラ代わりに 3 人によるザツダン。これが秀逸。基本的に遊方がネタ振り的なポジションで、鶴笑が拾いまくりのボケまくり。この鶴笑のアグレッシヴな無軌道トークがムチャクチャおもしろい。

 文華の「天狗さし」は、喜六(的男)のムチャさがニンに合ってる。最後は坊主とわかってもとりあえず連れて帰るムチャッぷり。トントントンと口跡良く。

 遊方は自信の妄想癖を投影した「隣人(ネイバーズ)」。マンションの隣人を勝手に悪人に仕立て上げる亭主の妄想がおもしろい。

 鶴笑は「時うどん」の前半を駆け足気味に、後半で喜六がひとり二役でうどんを食べてるところにゴジラがあらわれ‥‥と云う展開。もちろんパペットで、最後は「時うどん」に戻ってきれいにサゲる。お見事!

 中入りのはずが、なし崩し的にゲームコーナーに突入。おなじみ《1 位をあてちゃいけまテン!》で鶴笑と文華が対戦するも、グダグダに。

 最後はアレだが、とにかく鶴笑のトークがおもしろい! 第 2 回を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャバレー哀歌

2010/6/4 @ABC ホール

【あの「女芸人らん子」が戻って来た!】

作・演出: 萩原芳樹
出演: メグマリコ(三女美)、桂あやめ、池山心(しましまんず)、白川悟実(テンダラー)、こっこ(三女美)、杉岡みどり、林家染雀、隼ポリン、デジタルケイタ、五十嵐サキ、宇野山和夫 with ザ・ハリケーン、かぐや


 ほぼ満席。会場には桂米團治や春野恵子の姿も。

 「女芸人らん子のブルース」三部作の前日談。舞台は昭和 42 年のとあるキャバレー。
 吉本新喜劇ほどギャグの連発でもなく、松竹新喜劇ほどお涙頂戴でもなく、独特の昭和のかおりと全体のゆるさは相変わらず。
 そんななかで光ってたのが、桂あやめのキレッぷりと、テンダラー・白川のうさん臭さ。三女美・こっこの成長にも目を見はる。林家染雀はオカマ社長と云うハマリ役。

 ちょうど 2 時間。頃合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TORII 講談席

2010/6/2 @TORII HALL

【勝手にタイアップ! 遷都千三百年記念「奈良物語」特集】

  • 旭堂南青 『太平記』より「般若寺の大塔ノ宮」
  • 旭堂南湖 「実録・せんとくん物語」
  • 旭堂南海 「平城宮跡を守った男 棚田嘉十郎の執念」
    ―― 中入り ――
  • 《葛城市 PR コーナー》
  • スミス叙趣 《尺八独奏》
  • 旭堂南華 「中将姫物語(當麻曼荼羅縁起)」
  • 《抽選会》

※ 第 29 回


 勝手にタイアップ企画の奈良特集。葛城市にある當麻寺ゆかりの中将姫のネタが掛かると云うことで、葛城市長と鳥居社長が旧知の間柄と云うこともあり、葛城市が勝手にタイアップに勝手にタイアップ。(ややこしい) そのため出番順を当日急遽変更したそう。
 葛城市からも多数詰め掛け、60 人ほどの入り。

 南青は客の多さに開口一番「講談会に奇跡が起きました」。「般若寺の大塔ノ宮」は大塔ノ宮(護良親王)をめぐる話。

 南湖はお遍路の話から、主題のせんとくんの話。ダジャレ連発から遣唐使の話へ、そして最後はなんとなくせんとくん。

 南海は平城宮跡を私財で保護しようとした棚田嘉十郎の話。たっぷり。

 中入り後に葛城市長のごあいさつ。蓮花ちゃんも登場。かわいい。當麻寺奏師のスミス叙趣(ジョシュ・スミス)による尺八独奏も。

 当日急遽トリになってしまった南華はやや緊張気味。中将姫の物語をたっぷり。

 最後に抽選会。蓮花ちゃんグッズも。


TORII HALL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »