« 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です | トップページ | 桂あさ吉独演会 »

らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会

2010/6/17 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 桂こごろう 《ごあいさつ》
  • 笑福亭生喬 「青菜」
  • 桂こごろう 「鴻池の犬」
    ―― 中入り ――
  • 生喬・こごろう 《対談:夕焼け日記》


 約 30 人と、いつもよりちょっと少なめの入り。

 普段着のこごろうが登場し、会によって異なる客層についてあれこれ。しゃべり始めると客席から「ちょっと訊くけど、君はなんでポロシャツやねん?」。至極まっとうな質問。

 生喬は久々にデパートの余興へ行った話をマクラから、唐突なつなぎで「青菜」へ。植木屋の後半の納まり具合とラストの困惑がたのしい。

 こごろうは飼うともなしに飼っている黒ネコの話から「鴻池の犬」を。桂千朝の型で《ワンワン連合》や《ホネ吸い遊び》が特徴的だが、こごろう風味でやわらかい印象に。終盤に途中で客席の電話が鳴るも、なんとか持ちこたえる。

 対談コーナー。
 生喬の「青菜」は初めて出稽古に行ったネタで、師匠の指示でおぼえることになり、笑福亭呂鶴に付けてもらったそう。呂鶴の稽古は「まことに丁寧」だそうで、稽古の話から、笑福亭松葉に稽古を付けてもらった話も。
 こごろうは「鴻池の犬」を付けてもらった千朝について、派手さはないが惹き付けられる良さがあると感心。とくに台詞がはっきりしていることに注目。


 次回は 7 月 15 日(木)。

|

« 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です | トップページ | 桂あさ吉独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48656465

この記事へのトラックバック一覧です: らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会:

« 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です | トップページ | 桂あさ吉独演会 »