« 白鳥・恵子の会 | トップページ | 夏休み文楽特別公演 »

深脳落語会 NIGHT HEAD

2010/7/31 @天満天神繁昌亭

  • 桂咲之輔 「御公家女房」
  • 笑福亭たま 「皿屋敷」
  • 桂二乗 「茶の湯」
  • 笑福亭たま 「平家夢物語」(作:笑福亭たま)
  • 笑福亭たま 「三味線アリ」(作:笑福亭たま)


 入りは 1 階席に半分くらい。この時間帯としては健闘。

 咲之輔の「御公家女房」は、とくに前半で独特のクサみが気になるも、後半はまずまず。

 二乗は「たまの会は演りにくい」ってな話から「茶の湯」を。きっちり丁寧だが、笑いが連鎖せず。

 たまの 1 席目は、マクラいろいろから古典で「皿屋敷」。導入部を端折って笑いにつながるところに絞って。終盤のお菊の幽霊がたのしい。
 2 席目は新作ショート落語をマクラに、新作の「平家夢物語」。修学旅行の生徒の夢と耳なし芳一がシンクロする噺。
 つづけての 3 席目「三味線アリ」は 10 月 1 日(金)の『テーマ落語会』で口演予定の新作。呪われた者だけが聞こえると云う三味線の噺。呪われたときの所作が課題かも。


 次回は 8 月 28 日(土)。

らくごの玉手箱

|

« 白鳥・恵子の会 | トップページ | 夏休み文楽特別公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49034730

この記事へのトラックバック一覧です: 深脳落語会 NIGHT HEAD:

« 白鳥・恵子の会 | トップページ | 夏休み文楽特別公演 »