« ヴァチスト太田のドラムと歌のコラボレーション♪ in 大阪 Live Bar D.III 略してドラコラ! | トップページ | 劇団 M.O.P. 最終公演 『さらば八月のうた』 »

予測不能講談会

2010/7/16 @徳徳亭

  • 旭堂南斗 「将棋大名」
  • 局部童軟性 「官能講談 家庭教師ナナコ」
  • ひと:みちゃん 《艶歌シャンソニエ プチリサイタル》
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南青 「無筆の出世」


 ツ離レまであとひと息。

 南斗は「将棋大名」をごく普通に。

 軟性(南青)はまず、官能講談を演ることになったきっかけから。学生の頃に初めて手掛けたそう。さらにこの会の成り立ちを。大須演芸場で知り合ったひと:みちゃんの来阪に合わせて開催となったそう。
 「家庭教師ナナコ」は、高校生で大学受験を控えたタケシが、苦手な数学を大学 4 年のナナコに教えてもらうことになる。このナナコが年下好きで‥‥と云った展開。表現がややストレート過ぎるきらいがあり、聴かせる芸としてはもうひと工夫ほしいところ。

 《艶歌シャンソニエ家元》のひと:みちゃんは、いつものようにオリジナルソングとおしゃべり。大須演芸場の出番(約 20 分)よりもたっぷりと、ネタもいろいろ盛り込んで。

 中入りを挟んで、南青の「無筆の出世」はきっちりたっぷり。


みなみの青大将

|

« ヴァチスト太田のドラムと歌のコラボレーション♪ in 大阪 Live Bar D.III 略してドラコラ! | トップページ | 劇団 M.O.P. 最終公演 『さらば八月のうた』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48894926

この記事へのトラックバック一覧です: 予測不能講談会:

« ヴァチスト太田のドラムと歌のコラボレーション♪ in 大阪 Live Bar D.III 略してドラコラ! | トップページ | 劇団 M.O.P. 最終公演 『さらば八月のうた』 »