« 月亭遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | SUMMER SONIC 2010 »

さよなら、さん都

2010/8/5 @天満天神繁昌亭

  • 《口上》
  • 笑福亭たま 「生命」(作:笑福亭たま)
  • 桂こごろう 「強情灸」
  • 大喜利
  • 桂さん都 「悋気の独楽」


 桂都丸の塩鯛襲名に合わせて一門全員が襲名・改名となり、さん都も鯛蔵となるため、近しい噺家が集まって改名前日に送り出しの会を開催。
 1 階席に半分以上は入った感じで、レイトショーにしてはまずまずの入り。

 最初に記念口上。下手側より、桂都んぼ、笑福亭たま、桂さん都、司会の桂三金、桂こごろう。最初に都んぼが真面目に語り、次にたまが暴露し、最後にこごろうが洒落のめして。終始たのしい雰囲気で。

 たまはさん都の面白エピソードを紹介してから「生命」を。手術室で外科医とその妻が喧嘩する噺。初演時よりもかなり変わってボリュームもアップ。痛いのが苦手な人はつらいかも。

 こごろうは開口一番「いまのたまさん、頭おかしいんです」。広島出身のさん都とお好み焼きで口論になった話をマクラに「強情灸」を。こごろうらしいたのしさ。わかりやすいサゲに。

 大喜利は下手側より、実は口上ではなく大喜利の司会を依頼されていた三金、桂三幸、笑福亭松五、桂二乗、森乃石松、笑福亭呂竹。自己紹介でそれぞれさん都のエピソードを披露してから、さん都の出世数え歌。グダグダ。

 この日の主役のさん都は、この会を開いてくれた先輩諸氏に感謝してから、さん都としての最後の高座に「悋気の独楽」を一所懸命たっぷり。

|

« 月亭遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | SUMMER SONIC 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49113907

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、さん都:

« 月亭遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | SUMMER SONIC 2010 »