« 圓丈一門 vs 三枝一門 大阪決戦 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »

繁昌亭昼席

2010/8/31 @天満天神繁昌亭

【桂米紫襲名披露特別興行】

  • 桂鯛蔵 「動物園」
  • 桂しん吉 「桃太郎」
  • 桂吉弥 「時うどん」
  • 桂米平 「立体紙芝居 シンデレラ」
  • 林家染弥 「読書の時間」(作:桂三枝)
  • 月亭可朝 「狸の賽」
    ―― 中入り ――
  • 《襲名披露口上》
  • 桂塩鯛 「強情灸」
  • 桂春之輔 「死ぬなら今」
  • 桂米紫 「堪忍袋」


 可朝は襲名の場に付き物の狸の噺で「狸の賽」を。京都とほぼ同じ。

 口上は下手側より、司会の吉弥、塩鯛、米紫、可朝、春之輔。塩鯛は当代米紫の真面目さ、春之輔は先代米紫の思い出、可朝はなぜか自身の弟子修業時代の思い出。可朝は京都での会よりくだけた感じで、それでも最後は意外なほどにきっちり締める。

 トリの米紫は京都とおなじ「堪忍袋」を。ややリラックスした感じ。


天満天神繁昌亭

|

« 圓丈一門 vs 三枝一門 大阪決戦 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49309414

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 圓丈一門 vs 三枝一門 大阪決戦 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »