« SUMMER SONIC 2010 | トップページ | 桂都んぼ改メ四代目桂米紫襲名披露公演 »

お笑い怪談噺の夕べ

2010/8/11 @天満天神繁昌亭

【ホンモノのユーレイも出まぁ~す!】

  • 笑福亭たま 「陰陽師」(作:笑福亭たま)
  • 林家染雀 「権兵衛玉」
  • 桂米左 「へっつい幽霊」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南鱗 「破約」
  • 笑福亭福笑 「幽霊狂詩曲」(作:笑福亭福笑)

※ Vol. 4


 1 階席はほぼ満席で、2 階席にも入る。5 日間興行にしては大健闘。

 たまはショート落語でほぐしてから自作の「陰陽師」。中盤からストーリー展開にかなり手が入り、しっかりした印象。ギャグのパターンも増えておもしろい。

 染雀は福笑が用意したと云う御札を舞台のすみに置いてから。初めて聴く「権兵衛玉」は「不動坊」に似た趣向の噺。

 米左はマクラで《へっつい》の解説。「天神橋 6 丁目の大阪くらしの今昔館へ行けば見られるが、私は行きにくい。桂米朝の解説が流れるので、どうも‥‥」ってなことを。「へっつい幽霊」は、ややあっさりな印象。

 南鱗はごく軽い挨拶から「破約」へ入るも直ぐに絶句し、最初から演り直し。病死した妻に「再婚はしない」と約束した夫が 1 年後に再婚すると‥‥と云う話。この日、唯一の怖い話。

 福笑は南鱗のトチリも笑いに変えてから「幽霊狂詩曲」へ。幽霊を見に行く噺で、そのまんま。
 山場で恒例の幽霊(染雀)も登場。出てくるなりネタばらしして、怖がらせる雰囲気は皆無。

 来年の開催も決定したそう。

|

« SUMMER SONIC 2010 | トップページ | 桂都んぼ改メ四代目桂米紫襲名披露公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49124801

この記事へのトラックバック一覧です: お笑い怪談噺の夕べ:

« SUMMER SONIC 2010 | トップページ | 桂都んぼ改メ四代目桂米紫襲名披露公演 »