« 新秋しんおん寄席 桂こごろう独演会 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

圓丈一門 vs 三枝一門 大阪決戦

2010/8/29 @天満天神繁昌亭

【夜席の部:東西を代表する新作派一門のガチンコ対決!】

  • 《オープニング》
  • 《色物対決》
    • たん丈・玉々丈 《紙切り》
    • 桂三象 《三象踊り「むらさき雨情」》
  • 《古典落語対決》
    • 三遊亭丈二 「権助魚」
    • 桂三若 「堪忍袋」

    ―― 中入り ――
  • 《三題噺対決 「熱中症」「坂本龍馬」「ハイボール」》
    • 三遊亭白鳥
    • 桂三扇
  • 《大喜利対決》
  • 《エンディング》

【レイトショーの部:新作派一門のちょっとアダルトな深夜の対決!】

  • 《オープニング》
  • 《色物対決》
    • 桂三幸 《iPad 漫談》
    • たん丈・玉々丈 《紙切り》
  • 《新作落語対決》
    • 桂三風 「モレパシー」(作:桂三風)
    • 三遊亭ぬう生 「定年ホスト」(作:三遊亭ぬう生)

    ―― 中入り ――
  • 《三題噺対決 「メイド喫茶」「吉原」「チンポ」》
    • 桂枝三郎
    • 三遊亭丈二
  • 《大喜利対決》
  • 《エンディング》


 三遊亭圓丈一門と桂三枝一門が夜席とレイトショーで対決する企画。ルールは‥‥

  • 夜席とレイトショーをそれぞれ 1 セットとし、2 セット取った方が勝利。
  • 1 セットは色物、落語、大喜利の 3 ゲームとし、各ゲーム対決後に審査をおこない、2 ゲーム以上取った方が 1 セット取得となる。
  • 審査は、観客 1 票、繁昌亭スタッフ 2 票の合計 3 票でおこなう。
  • 各門 1 セットずつ取った場合は、アウェー側(今回は圓丈一門)の勝利とする。

 東京では 2 公演でそれぞれが 1 セットずつ取得し、アウェーの三枝一門の勝利となったそう。

 圓丈一門からは、白鳥、丈二、ぬう生、たん丈、玉々丈。
 三枝一門からは、枝三郎、三風、三象、三扇、三若、三ノ助、三弥、三幸、三四郎(夜席の部のみ)。

 入りは、夜席は 1 階席がほぼ満席、レイトショーは 3 分の 1 くらい。


 夜の部のオープニングで枝三郎の投げっぱなしギャグに、まわりが「絡みにくいなぁ」連発。
 夜席の部の秀逸は、三若の「堪忍袋」。後半から現代版になって、半分改作の趣。これがニンに合っててかなりおもしろい。三題噺での白鳥の瞬発力も圧巻。
 大喜利は《御当地しりとり》と《あいうえお作文》。
 まずは三枝一門が 1 セット奪取。

 レイトショーの部は白鳥が「アダルト」を誇張し、三題噺のお題にムリヤリ「チンポ」をねじ込む。
 三幸の iPad を使った漫談は、繁昌亭のサイズでも小さくて観づらく、せいぜい上方亭クラスまでかも。
 ぬう生の「定年ホスト」は、いまどきのホストの口調がすさまじく誇張されまくりでおもしろい。
 枝三郎が玉々丈の名前をいたく気に入ったようで、三題噺で「圓丈一門が吉原へ行く」ストーリーで「玉々丈!」を連発。それでも最後は上手くまとめるあたり、さすがの手腕。
 大喜利はアダルト縛りで《しりとり》に《謎掛け》。
 ここでも三枝一門が 1 セット奪取し、三枝一門がホームで完全勝利。

 司会が三風と白鳥で、きびきびした進行。次回はひょっとすると圓丈御大が登場!?!?

|

« 新秋しんおん寄席 桂こごろう独演会 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49291164

この記事へのトラックバック一覧です: 圓丈一門 vs 三枝一門 大阪決戦:

« 新秋しんおん寄席 桂こごろう独演会 | トップページ | 繁昌亭昼席 »