« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

トリイどっかん BROTHERS

2010/9/28 @TORII HALL

  • 《ザツダン その 1》
  • 笑福亭鶴笑 「マジック落語(仮)」(作:笑福亭鶴笑)
  • 《ザツダン その 2》
  • 桂文華 「勘定板」
    ―― 中入り ――
  • 《ザツダン その 3》
  • 月亭遊方 「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」(作:月亭遊方)
  • 《ゲームコーナー:落語の演題しりとり》

※ Vol. 2


 マクラ代わりに 3 人でネタにちなんだ雑談をする会。前回同様、雑談でかなり盛り上がる。
 鶴笑はマジックを取り入れた落語。繁昌亭で演られるようになるか!?!?


TORII HALL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳家小三治独演会

2010/9/27 @アートピアホール

  • 柳亭燕路 「だくだく」
  • 柳家小三治 「厩火事」
    ―― 中入り ――
  • 柳家小三治 「百川」

※ 第 8 回


 小三治の 1 席目は、たっぷりのマクラから「厩火事」。
 中入りを挟んでの 2 席目は、人情噺と滑稽噺と芝居噺のあれこれから「『厩火事』は、私にとっては最高の人情噺。いちばん好きな噺」。20 時 45 分頃に《四神旗》の解説から「百川」へ。終演は 21 時 20 分頃に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳亭市馬独演会

2010/9/26 @TORII HALL

【噺家生活三十周年記念 柳亭市馬落語会】

  • 柳亭市楽 「兵庫船」
  • 柳亭市馬 「七段目」
  • 桂南光 「小言幸兵衛」
    ―― 中入り ――
  • 柳亭市馬 「蒟蒻問答」


 市楽「兵庫船」で上方との違いをたのしむ。

 市馬はここでもダメ出し。「七段目」を堪能。


柳亭市馬公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳亭市馬一門会

2010/9/26 @TORII HALL

【噺家生活三十周年記念 柳亭市馬落語会】

  • 柳亭市也 「牛ほめ」
  • 柳亭市江 「熊の皮」
  • 柳亭市馬 「真田小僧」
    ―― 中入り ――
  • 柳亭市楽 「お見立て」
  • 柳亭市馬 「お化け長屋」


 一門会とは云え、市馬が 2 席で、独演会と云っても良いかも。
 師匠は弟子へのダメ出しをマクラに。「真田小僧」のサゲまでを初めて観る。


柳亭市馬公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東西落語名人選

2010/9/25 @神戸文化ホール・中ホール

【昼の部】

  • 林家木久蔵 「権助魚」
  • 林家染丸 「金明竹」
  • 柳家小三治 「二人旅」
  • 桂春團治 「高尾」
    ―― 中入り ――
  • 月亭八方 「稽古屋」
  • 桂歌丸 「中村仲蔵」

【昼の部】

  • 林家木久蔵 「おしの釣り」
  • 月亭八方 「住吉駕籠」
  • 桂歌丸 「つる」
  • 桂春團治 「祝いのし」
    ―― 中入り ――
  • 林家染丸 「掛取り」
  • 柳家小三治 「馬の田楽」

※ 第 36 回


 充実。


神戸文化ホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上方落語名人撰

2010/9/23 @新歌舞伎座

【新歌舞伎座 新開場記念 柿葺落興行】

【昼の部】

  • 桂歌之助 「子ほめ」
  • 桂春蝶 「山内一豊と千代」
  • 笑福亭三喬 「月に群雲」(作:小佐田定雄)
  • 林家染丸 「掛取り」
    ―― 中入り ――
  • 桂南光 「義眼」
  • 笑福亭仁鶴 「崇徳院」

【夜の部】

  • 林家笑丸 「時うどん」
  • 桂文三 「四人癖」
  • 桂米團治 「七段目」
  • 桂春團治 「祝いのし」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭松喬 「首提灯」
  • 桂ざこば 「子はかすがい」


 3 階席にて。斜め下 45 度でのぞき込む感じ。舞台が横に広い。

 大会場での特別興行と云うことで、みな得意ネタを持ってきた感じ。3 階席 2,000 円 × 2 公演 = 4,000 円ならお得。


新歌舞伎座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやめ・遊方 2 人会

2010/9/20 @天満天神繁昌亭

  • あやめ・遊方 《ご挨拶》
  • 月亭遊方 「ハードボイルド・サザエさん」
  • 桂あやめ 「居酒屋 1969」
    ―― 中入り ――
  • 桂あやめ 「シックス・アンドウジ・シティ」(「ヰタタ‥‥セクスアリス」改)
  • 月亭遊方 「ラジオドリームで恋をして」

※ ネタはすべて自作


 遊方「ハードボイルド~」はバーのカウンターで、あやめ「シックス~」はカフェのソファで、いずれも洋服でひとり芝居風の趣向。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一心寺亭 お彼岸寄席 三喬・団朝 ふたり会

2010/9/20 @一心寺シアター倶楽

  • 三喬・団朝 《対談》
  • 笑福亭三喬 「墓供養」
  • 桂団朝 「幸助餅」
    ―― 中入り ――
  • 桂団朝 「秘伝書」
  • 笑福亭三喬 「べかこ」


 対談では団朝が米團治襲名裏話をたっぷり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南湖だんご 旭堂南湖話術研究会

2010/9/17 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 旭堂南湖 「大久保彦左衛門」
  • 旭堂南湖 『赤穂義士銘々伝』より「大石内蔵助(3) 石塚源吾兵衛とりく」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南湖 「柳田格之進」

※ 52


 10 月末の『世話講談の会』で掛ける「柳田格之進」をネタ下ろしするため、そっちの集客とネタかぶりを考慮して、この日のチラシは作らなかったそう。
 そんなわけで、入りは 5 人。

 ネタ下ろしの「柳田格之進」は、ネタはきっちり入っていて悪くはないが、やや早口で台本をなぞったとの印象。


正直南湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四周年特別興行 夜の部

2010/9/15 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭たま 「陰陽師」(作:笑福亭たま)
  • 林家染二 「俥屋」
  • 桂枝三郎 「浮かれの屑より」
  • 月亭八方 「秘伝書」
  • 《爆笑歌舞伎「白浪五人男」》
    ―― 中入り ――
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 桂春之輔 「まめだ」
  • 桂三枝 「ぼやき酒屋」(作:桂三枝)


 立ち見も出る大入り。やや早めの 18 時開演と云うことでか、遅れて来場する客多数だったが、噺家の交代時に入場するようスタッフが差配していたよう。

 たまはごく軽い挨拶から「陰陽師」を。いきなり複雑な展開の噺で、観客がやや置いてけぼりな印象。

 染二の「俥屋」は「いらち俥」の前半部分。かなり濃厚。

 枝三郎の「浮かれの屑より」は導入部分をかなり端折り、さらに走り気味で 15 分枠で。駆け足すぎて想像がふくらまず、なんだかもったいない。

 八方はイタリア旅行記をたっぷりしゃべってきっちり笑わせてから「秘伝書」をコンパクトに。

 鹿芝居「白浪五人男」では、客席下手側通路を花道に見立てて五人男の桂三枝、桂春之輔、林家染丸、桂小枝、桂米團治が登場。捕手に林家染二、笑福亭たま。客席からの借り物を織り込んで自己紹介。三枝はさすがの上手さ。

 姉様キングスは都々逸、ストトン節、阿呆陀羅経(てんてん尽くし)。A 面ネタ。

 三枝はカツラで髪がペッタンコになり、薄毛について自虐的に語ってから「ぼやき酒屋」を。やや声量不足だったのが気になるも、おもしろさはしっかり伝わって笑い多し。


天満天神繁昌亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀の花瓶に菊之情

2010/9/12 @ワッハホール

  • 桂雀太 「好き嫌い」
  • 笑福亭銀瓶 「子ほめ」
  • 古今亭菊之丞 「湯屋番」
    ―― 中入り ――
  • 古今亭菊之丞 「元犬」
  • 澤千佐子 《地唄》
  • 笑福亭銀瓶 「立ち切れ線香」

※ 第 3 回


 雀太は「まんじゅうこわい」の前半部分。(勝手に命名)

 菊之丞の「湯屋番」はネタのふくらませ方に無理がなく、若旦那の妄想爆発がたのしい。この日の秀逸。

 銀瓶の「立ち切れ線香」は構成がかなり固まった感じ。グッとくる一席に。


笑福亭銀瓶の出演情報
古今亭菊之丞さいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化石オートバイ 『スタンプラリー』

2010/9/11 @in→dependent theatre 2nd

作・演出: 山浦徹
出演: 赤星マサノリ(sunday)、片岡百萬両(ミジンコターボ)、坂口修一、行澤孝(劇団赤鬼)、山浦徹(化石オートバイ)、橋爪未萠里(劇団赤鬼/日替わりゲスト)


 寝坊して開演直後に飛び込み。

 とある街で、生死を掛けたスタンプラリーが繰り広げられる。段ボール紙製のチープな小道具と、アニメや漫画やゲームをモチーフした展開が妙にマッチ。
 あきらめずに行った甲斐のある舞台だったが、主役級の片岡百萬両がカミカミだったことだけが残念。


化石オートバイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月亭遊方・林家染弥の蔵出し!うちわ話

2010/9/9 @高津の富亭

※ 第 11 回


 ゲストの桂まめだを解体する趣向。リサーチ不足で、遊方も染弥もツッコみきれず持てあまし気味な印象。大喜利のようなアドリブの瞬発力がスゴいことを知っていれば、もっとおもしろくなったかも。
 最後に師匠の桂文福からの手紙があり、ちょっとエエ感じのエンディング。


遊方 FOR YOU!
林家染弥は今夜も HAPPY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまの新作コレクション

2010/9/8 @動楽亭

  • 笑福亭笑子 「シンガポール・ドリーム」(作:笑福亭笑子)
  • 笑福亭たま 「僕と彼女と教頭先生」(作:笑福亭たま)
  • 桂雀喜 「中学生ブルース」(作:長坂堅太郎)
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「ベルゼバブの蝿」(作:笑福亭たま)


 ザッと 30 人ちょい。

 シンガポールに住まいを移した笑子の「シンガポール・ドリーム」は、売れるためにシンガポールへ移住した噺家・ショウコの噺。初の新作は実録落語とも云うべきネタで、心のつぶやきを腹話術で語るなど、オリジナリティも。

 ゲストの雀喜は、米朝一門の新作に対する評価の低さをやんわりボヤいてから「中学生ブルース」へ。中学生の長坂君があやしげな物売りに引っ掛かる噺。先の読める展開ながら、独特のゆるさとだまされたあとのボヤキがたのしい。

 たまの 1 席目は、彦八まつりの裏側をマクラに、改訂版の「僕と彼女と教頭先生」を。高校の教師と生徒が恋仲になって、果てはヤクザ社会に巻き込まれる噺。新味のギャグがいくつか。痛すぎるギャグは好き嫌いの分かれるところかも。
 中入りを挟んでの 2 席目は、全体の時間が短めだったことから、マクラにインターネットと落語会の観客について、さらに繁昌亭以前と以後での環境の変化など、あれこれたっぷり。「ベルゼバブの蝿」は、呪いの原稿の噺で、かなり繰られててスッキリ。


らくごの玉手箱

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハッハッハ!笑い寄席

2010/9/7 @ワッハホール

  • 《健康トークショー》
  • 月亭八光 「秘伝書」
  • 月亭八天 「動物園」
  • 月亭遊方 「飯店エキサイティング」(作:月亭遊方)
    ―― 中入り ――
  • 月亭方正 「看板の一」
  • 月亭八方 「算段の平兵衛」


 セガミでサンスター商品を買って応募する落語会。招待客で 9 割ほど埋まり、残りに両社の社員が座ってほぼ満席に。

 まずは健康トークショー。舞台に床机が用意され、下手側より、和田麻美子(ラジオ大阪アナウンサー)、上田一夫(セガミメディックス執行役員)、八光、八方。和田アナが質問して 3 人が答えるスタイルで、八方の適当コメントがおもしろい。

 落語の部は時間の都合でみな軽めのネタをチョイス。そんななか、トリの八方は渋めの「算段の平兵衛」を。地語りの部分での自由自在なおしゃべりもたのしい。


 この日の模様はラジオ大阪にて 9 月 11 日(土)の 11:00~11:55 に放送されるそう。(時間枠を考えると、おそらくトークと八方の高座と予想される)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦八まつり 奉納落語会

2010/9/5 @生國魂神社 参集殿

【私はこれで売れました!? 懐かしのあのネタ、この芸】

  • 《オープニング》
  • 桂三金 《バルーンショー》
  • 桂かい枝 《英語小咄》
  • 笑福亭鶴笑 「パペット落語 立体西遊記」(作:笑福亭鶴笑)
  • 桂福團治 《ペケペン落語》
  • 月亭可朝 《歌謡「嘆きのボイン」「出てきた男」》
  • 嘉門達夫 《歌謡「替え唄メドレー」「唄のワンダーランド」》
    ―― 中入り ――
  • 桂三歩 《早口言葉》
  • 桂小枝 「白塗り落語 夢芝居」(作:桂小枝)
  • 桂朝太郎 《マジカル落語》
  • 桂ざこば 《動物いじめ》


 オープニングで、あみだくじによる出番順決め。中トリの嘉門達夫のみ事前に確定していたが、奇跡のような絶妙のバランスに。
 オール色物の様相で、小枝や鶴笑が落語らしく感じられる。トリのざこばが手短かに切り上げた感で残念。


彦八まつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦八まつり 奉納落語会

2010/9/4 @生國魂神社 参集殿

【入門 20 周年落語会】

  • 《オープニング》
  • 桂文三 「十徳」
  • 林家花丸 「千早振る」
  • 笑福亭遊喬 「竹の水仙」
  • 笑福亭生喬 「しらみ茶屋」
    ―― 中入り ――
  • 林家そめすけ 《漫談》
  • 桂こごろう 「動物園」
  • 笑福亭喬楽 「上燗屋」


 入門 20 年の上方の噺家の会。オープニングで全員登場。全員持ち時間 15 分程度で高座をつとめると云うことで、ジャンケンで出番順決め。それぞれの持ち味を発揮。


彦八まつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できちゃったらくご!

2010/9/1 @動楽亭

  • 《オープニング》
  • 笑福亭たま 「グラビアカメラマン」
  • 桂三金 「理由なき理容所」
  • 桂三風 「ヒーローインタビュー」
  • 月亭遊方 「すったもんだ校争」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南湖 「園長」
  • 桂あやめ 「シックス・アンドージ・シティ」
  • 《エンディング》

※ 第 52 回
※ すべて自作ネタ


 秀逸はあやめ。以前に作った赤裸々ガールズ・トークの一部始終を落語化したネタを、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』を下敷きにリライト。あまりのドギツさに、エンディングで出てきたできちゃった!メンバーも「エグすぎる」「引きますわ」連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »