« 雀太ひとり舞台 | トップページ | あさ吉番外編 »

ぴッかり軍団落語会 円笑・三象・こけ枝の明るい落語会

2010/10/4 @天満天神繁昌亭

【ぴッかり軍団旗揚げ公演】

  • 《口上》
  • 笑福亭呂竹 「米揚げ笊」
  • 桂こけ枝 「ちりとてちん」
  • 桂三象 「アメリカ人が家にやってきた」(作:桂三枝) 三象踊り「細雪」
  • 月亭可朝 「狸の賽」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭円笑 「芝浜」


 1 階席にザッと 8 割の入り。

 口上では下手側より、こけ枝、円笑、三象とならび、各々カツラを付けて。口上と云うよりは、ぴッかり軍団結成に当たっての自己紹介。最後は円笑がそれっぽく締めて幕。

 呂竹の「米揚げ笊」は心地良い口跡。終盤で電池が切れたか、カミカミになったのが残念。

 こけ枝は育毛剤のマクラから「ちりとてちん」と、昼席のような流れ。

 三象は「アメリカ人が家にやってきた」につづけて、美空ひばりの“細雪”で三象踊り。終わると舞台へおひねりがいくつも。

 可朝は先の三象を「あれこそ寄席の演芸」と絶賛。いつもの野球賭博のマクラから、艶笑小咄をいくつか。時間制約がないせいか、昼席よりもゆったりした雰囲気。「狸の賽」はかなりコンパクトに。

 中入りを挟んで、円笑は「芝浜」をザックリあっさりと。

 可朝目当ての客が多かったようで、中入りで帰る客もちらほら。

|

« 雀太ひとり舞台 | トップページ | あさ吉番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/49652400

この記事へのトラックバック一覧です: ぴッかり軍団落語会 円笑・三象・こけ枝の明るい落語会:

« 雀太ひとり舞台 | トップページ | あさ吉番外編 »